まちの未来・イメージ工房 令和4年度第4回「外国の土地所有権-都市計画の観点から」令和4年11月開催予定 14:00~15:30

受講生の皆さまへ

お世話になります。
次回ゼミを8/27に予定しているところですが、
山口県のコロナ感染者数が連日過去最多を更新し、
山口市でも500人を超える状況になってきました。
ついては、次回ゼミを中止することとしたので、お知らせします。

なお、再開にあたりましては、
改めてご連絡させていただきますので
よろしくお願いいたします。

 イメージ工房学級委員 棟久

まちの未来・イメージ工房
新しい地域のスタイルを提案する-山口未来工房

コーディネーター 前田哲男(山口県立大学名誉教授)
学級委員 棟久和成
募集対象 市民一般
  定 員     10名程度
受講料 無料
会 場     小郡地域交流センター
           (山口市小郡下郷609-1)

 五十嵐 敬喜(いがらし たかよし)著『土地は誰のものか-人口減少時代の所有と利用』(岩波新書)をテキストとして、山口の未来を考えていきます。
 本書では、近年続々と改正された、土地基本法と、関連する個別法が解説されています。そして、外国の制度も参照しつつ、土地政策を根本的に再考されています。地方分権の時代にあって、どのような実践的活動や新たな生活スタイルが山口で有効なのか?地域マネジメントのあるべき姿を、皆さんと共に考えていきたいと思っています。

第1回 令和4年6月11日(土)14:00~15:30
土地基本法と土地政策①

第2回 令和4年7月9日土)14:00~15:30
土地基本法と土地政策②

第3回 令和4年10月29日(土)14:00~15:30
日本史の中の土地所有権

第4回 令和4年11月 予定  14:00~15:30
外国の土地所有権-都市計画の観点から

第5回 令和4年12月 予定  14:00~15:30
田園都市論-21世紀半ばの日本の姿を求めて①

第6回 令和5年1月 予定  14:00~15:30
田園都市論-21世紀半ばの日本の姿を求めて②

第7回 令和5年2月 予定  14:00~15:30
現代総有-土地所有権と利用の新しい形

途中受講可能