令和5年度連続特別講座 日本酒を学習して嗜む 第2回 令和6年3月23日(土)18:30~20:30 山口市菜香亭 「日本酒の原料・製造法について学習する。」

令和5年度連続特別講座
日本酒を学習して嗜む
■日本酒を楽しく嗜むため、難解な日本酒用語を解りやすく解説する。
 コロナ禍で『宅のみ』の増加に伴い日本酒に接する機会も多くなっていると思われます。
『日本酒ラベル』には、純米酒、精米歩合、酵母、麹などの専門用語が使われています。
これらの用語をわかりやすく解説します。『用語』の意味を理解し、試飲しながら確認
します。
第1回 令和6年 1月20日(土)18:30~20:30
「日本酒の原料・製造法について学習する。
『精米歩合』の意味を解説し、『精米歩合』の異なる
(精米歩合40%から80%)純米酒を試飲して、精米に
よる「なめらかさ」を確認する
第2回 令和6年 3月23日(土)18:30~20:30
「日本酒製造の主役である『酵母』について学習する。」
酵母とは何か?酒造に使用された経緯などを解説す
る。
県内の酒造場で使用されている9号酵母、18号酵母
など、『酵母』の異なる純米酒を飲み比べ、「香り」
のちがいを確認する。
会  場 : 山口市菜香亭 (定員30名先着申込順)
参加費 : 各回3,000円 ※食事の提供はありません。
アルコールを摂取する講座です、自動車等の運転は絶対に禁止です !
友人や家族に頼る、タクシー公共交通機関等を利用するなど安全な代替手段を利用しましょう。
講  師 : 柏木 享 氏 (やまぐち発酵文化研究所代表)
[プロフィール] 鳥取県鳥取市生まれ。
2005年まで、山口県産業技術センターで、県産日本酒の
技術力向上と新商品開発の支援を行う。
酒造好適米の復活生産、純米酒用酵母の分離、酒造技術
ノウハウの採用、などにより本県の日本酒のレベルアップ
に貢献。
2006年、やまぐち発酵文化研究所代表。
全国の発酵関連企業への技術支援、本県・酒造史の調査
研究を行っている。

※お問い合わせ・申込
やまぐち街なか大学事務局:熊谷
TEL080-5238-3398/FAX083-934-3518 E-Mail:office@idom.jp

令和5年度ふるさと歴史講座 (中・高校生限定) 室町時代全国有数の城下町であった山口を探る ~なぜ雪舟やサビエルは山口を選んだのか?~ 第2回令和6年2月24日(土) 10 : 00~11: 30「遣明船貿易の独占 栄華を誇る大内文化」

令和5年度ふるさと歴史講座
室町時代全国有数の城下町であった山口を探る
~なぜ雪舟やサビエルは山口を選んだのか?~
■大内文化を知ることでふるさと山口市を知る
山口の歴史は、明治維新を中心に語られがちですが、山口市の成り立ち
には、中世の大内文化が大きく関わっており、現在の街の各所に、色濃く反
映し、息づいていると云えます。
そこで今回、山口市内の高等学校、中学校の生徒の皆さんを対象として、
山口を旅立つ人も山口に暮らす人も、共々、ふるさと山口の礎(いしずえ)で
ある大内文化を、より深く知っていただきたいと思い本講座を企画しました。
第1回 令和5年12月23日(土) 10 : 00~11: 30
サビエルの1 3の贈り物 日本初のクリスマスミサ
第2回 令和6年 1月20日(土) 10 : 00~11: 30
守護大名大内氏による四神にかなう街づくり
第3回 令和6年 2月24日(土) 10 : 00~11: 30
遣明船貿易の独占 栄華を誇る大内文化
第4回 令和6年 3月23日(土) 10 : 00~11: 30
今に伝わる大内氏の足跡と中世都市のたたずまい
会  場:山口ふるさと伝承総合センター(山口市下竪小路1 2番)
定  員:40名(中・高校生限定)
参加費: 無  料
申  込:山口ふるさと伝承総合センターまで
☎083- 928 -3333
(令和5年11月15日から受付開始 先着順受付)
※3回以上受講の方には、「受講証」のほかオリジナル歴史本(A4,160p)を差し上げます。
当日YouTubeLIVEを予定しています。
会場申込は高校生・中学生のみとなっていますが、校生・中学生以外の
一般の方はYouTubeにて視聴できます
お手持ちのPC、スマホ、タブレットYouTube対応テレビでも視聴出来る予定です。
講 師  小田 雅彦 氏
[プロフィール] 1953年下関市生まれ
山口市在住
山口まちづくりセンター理事
一級建築士

※お問い合わせ
やまぐち街なか大学事務局:熊谷
TEL080-5238-3398/FAX083-934-3518 E-Mail:office@idom.jp

※中止 令和5年度連続特別講座 「幕末維新 山口れきし散歩」中止のお知らせ

令和5年度連続特別講座 「幕末維新 山口れきし散歩」中止のお知らせ
 7月から開催を予定しておりました「幕末維新 山口れきし散歩」の講師である松前了嗣様が6月12日未明の交通事故によりお亡くなりになりました。
 松前了嗣様は、本分野において、長年歴史資料を丹念に読み込まれ、歴史教科書では伝えられない人間臭い物語として発信されてこられました。
これらの史観・活動内容は、独特の語り口とともに余人には代えがたい評価が多くの聴講者から与えられ、山口を代表する明治維新史の第一人者としての地位をゆるぎないものと確立され、今後のご活躍に大きな期待が寄せられていたところです。
 突然の訃報に慙愧の念を禁じえません。
 生前の業績に関し感謝を申し上げるとともに、ご冥福をお祈りするばかりです。
 つきましては、令和5年度連続特別講座 「幕末維新 山口れきし散歩」はやむなく中止とさせていただきます。
 事情ご賢察の上、ご理解ください。
 なお、末尾になりましたが、ご遺族の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。
 やまぐち街なか大学実行委員長 伊藤 彰

『発酵』って何だろう? 全日程を終了いたしました。令和5年度連続特別講座「日本酒を学習して嗜む」へ

全日程を終了いたしました。令和5年度連続特別講座「日本酒を学習して嗜む」へ

『発酵』って何だろう?
(発酵食品の製造法、歴史、商品開発の実施例から『発酵』を学ぶ)

講   師 柏木 享 氏 やまぐち発酵文化研究所代表 
募集対象 市民一般
定   員 50名程度
受 講 料 無 料
会  場 山口ふるさと伝承総合センター
       山口市下竪小路12番地

『発酵』って何だろう?
近年よく目にするようになった『発酵』とはどういう現象なのだろうか?
各種発酵食品の製造方法や、新商品開発の事例を学習して理解する。本県には、日本酒や醤油・魚醤が、古くから製造されてきた記録が残っている。これらの歴史を辿りながら『発酵』とは何かを考える。食品製造により副生する酒粕等の未利用資源の有効利用について紹介する。

第1回 令和5年6月17日(土)13:30~15:00
■『発酵』って何だろう?■
『メタン発酵』から➡『日本酒』、『焼酎』、『醤油』などの発酵食品の製造方法を解説し、『発酵』とはどういう現象かを学習する。

第2回 令和5年7月8日(土)13:30~15:00
■発酵食品の新商品開発の事例研究■
『れんこん焼酎』、『やまぐち桜酵母』の清酒開発、『とらふぐ魚醤』等の開発事例を紹介する。ものづくり・特産品開発の面白さを共有し『発酵』を理解する。

第3回 令和5年9月9日(土)13:30~15:00
■やまぐち・酒の歴史■
古墳時代、大内時代の酒造り、葡萄酒の伝来、幕末のパン造り・・現代までの、本県の酒に関係する歴史的事象について紹介する。これらが現代の酒造に与えた影響を考える。

第4回 令和5年10月7日(土)13:30~15:00
■こうして地酒は元気になった!■
かっては全国的にも低レベルであった本県の日本酒の品質が最上位にランクされるようになった。その戦略と秘訣を紹介する。

柏木 享 氏 プロフィール
昭和19年(1944)、鳥取県鳥取市生まれ。広島大学工学部発酵工学科卒業。
山口県産業技術センターで、県内食品企業(酒造業を主体)の技術力の向上
と新商品開発の支援を行う。酒造好適米の復活生産、酒造技術ノウハウの
採用、純米酒用酵母の分離などにより本県の日本酒のレベルアップに貢献。
全国の発酵関連企業への技術指導・アドバイス、本県・酒造史の調査研究を
行っている。またSDGsの視点で、食品製造時に副生産される酒粕等の未利
用資源の有効利用について研究を行っている。

こどもとアート ~アートを通した遊びと学び ~ 第4回 令和6年 3月 9日(土)10:00~11:30

こどもとアート ~アートを通した遊びと学び ~ 

学級委員 鈴木啓二朗
講 師 鈴木啓二朗
募集対象 市民一般(7歳前後のお子さんと親御さん)
定  員 10名程度
受 講 料 無 料
会  場 山口市内の指定の場所
     
■アートを通して遊びながら、学びましょう!
フィールドワークなどを通して、現代美術や国内外のアート作品の事例を紹
介しながら、観察力、分析力、判断力、想像力、発想力、記憶力、表現力な
どを、遊びながら学ぶクラスです。幼児から小学校低学年のお子さんと親御
さんを対象としています。

第1回 令和5年6月24日(土)10:00~11:30

第2回 令和5年7月22日(土)10:00~11:30

第3回 令和5年12月 9日(土)10:00~11:30

第4回 令和6年 3月 9日(土)10:00~11:30

【問合せ先 : 鈴木】
※申込者には、科目担当者より日程・場所等を毎回ご案内いたします。

日本酒を学習して嗜む (『発酵』って何だろう?)  令和4年度日程を終了いたしました。

日程を終了いたしました。

『発酵』って何だろう?
(発酵食品の製造法、歴史、商品開発の実施例から『発酵』を学ぶ)

講   師 柏木 享 氏 やまぐち発酵文化研究所代表 
募集対象 市民一般
定   員 50名程度
受 講 料 無 料
会  場 山口ふるさと伝承総合センター
       山口市下竪小路12番地

『発酵』って何だろう?
近年よく目にするようになった『発酵』とはどういう現象なのだろうか?
各種発酵食品の製造方法や、新商品開発の事例を学習して理解する。本県には、日本酒や醤油・魚醤が、古くから製造されてきた記録が残っている。これらの歴史を辿りながら『発酵』とは何かを考える。食品製造により副生する酒粕等の未利用資源の有効利用について紹介する。

第1回 令和4年6月11日(土)14:00~15:30
■『発酵』って何だろう?■
日本酒、魚醤、醤油などの発酵食品の製造方法を学習し、『発酵』とは何か?を考える。

第2回 令和4年7月16日(土)14:00~15:30
■発酵食品の新商品開発の事例研究■
『れんこん焼酎』、『やまぐち桜酵母』の清酒開発、『とらふぐ魚醤』等の開発事例を紹介する。ものづくり・特産品開発の面白さを共有し『発酵』を理解する。

第3回 令和4年9月10日(土)14:00~15:30
■やまぐち・酒の歴史■
古墳時代、大内時代の酒造り、葡萄酒の伝来、幕末のパン造り・・現代までの、本県の酒に関係する歴史的事象について紹介する。これらが現代の酒造に与えた影響を考える。

第4回 令和4年10月8日(土)14:00~15:30
■こうして地酒は元気になった!■
かっては全国的にも低レベルであった本県の日本酒の品質が最上位にランクされるようになった。その秘訣を紹介する。

後期
日本酒を学習して嗜む- 『発酵』って何だろう? –
日本酒を楽しく嗜むため、難解な日本酒用語を解りやすく解説する。
コロナ禍で『宅のみ』の増加に伴い日本酒に接する機会も多くなっていると思われます。
 『日本酒ラベル』には、純米酒、生酛(きもと)、山田錦、精米歩合、酵母、麹などの多くの専門
用語が使われています。
 これらの用語をわかりやすく解説し各キーワードの意味を理解して嗜(たしな)むと日本酒を
いっそう美味しく味わえま

令和4年度後期
日本酒を学習して嗜む (『発酵』って何だろう?)
第1回 令和4年12月3日(土)14:00~15:30
■日本酒用語の解説■
 『日本酒ラベル』に記載されている、山田錦、生酛、純米酒、日本酒度、酸度などの酒造関連の専門用語について説明する。
第2回 令和5年1月14日(土)14:00~15:30
■日本酒・雑学■
 日本酒を科学する。また酒粕の利用について考える

柏木 享 氏 プロフィール
昭和19年(1944)、鳥取県鳥取市生まれ。広島大学工学部発酵工学科卒業。
山口県産業技術センターで、県内食品企業(酒造業を主体)の技術力の向上
と新商品開発の支援を行う。酒造好適米の復活生産、酒造技術ノウハウの
採用、純米酒用酵母の分離などにより本県の日本酒のレベルアップに貢献。
全国の発酵関連企業への技術指導・アドバイス、本県・酒造史の調査研究を
行っている。またSDGsの視点で、食品製造時に副生産される酒粕等の未利
用資源の有効利用について研究を行っている。

こどもとアート ~アートを通した遊びと学び ~ 全日程を終了いたしました。

日程を終了いたしました。

こどもとアート ~アートを通した遊びと学び ~

学級委員 鈴木啓二朗
講 師 鈴木啓二朗
募集対象 市民一般(7歳前後のお子さんと親御さん)
定  員 10名程度
受 講 料 無 料
会  場 山口市内の指定の場所
     
■アートを通して遊びながら、学びましょう!
フィールドワークなどを通して、現代美術や国内外のアート作品の事例を紹
介しながら、観察力、分析力、判断力、想像力、発想力、記憶力、表現力な
どを、遊びながら学ぶクラスです。幼児から小学校低学年のお子さんと親御
さんを対象としています。

第1回 令和4年6月18日(土)10:00~11:30

第2回 令和4年7月23日(土)10:00~11:30

第3回 令和5年1月14日(土)10:30~11:30

第4回 令和5年2月11日(土)10:30~11:30

【問合せ先 : 鈴木】
※申込者には、科目担当者より日程・場所等を毎回ご案内いたします。

木工入門~木材に親しみ、生活に利用する~ 全日程を終了いたしました。

全日程を終了いたしました。

木工入門~木材に親しみ、生活に利用する~
初心者を対象に、実習を通して一般的な木工具の使用方法ならびに加工技法をわかりやすく説明します。
一枚の板から加工を始め、3日間が終了した時点では、参加者一人ひとりの個性が生かされた素敵な作品が出来上がっているはずです。小学生から大人まで、幅広い年代が一緒になって楽しむ講座です。
なお、工具や材料は主催者で用意します。

講   師 岡村 吉永 山口大学教育学部 教授
募集対象 市民一般 (小学生以上。小学生の場合は、要保護者同伴)
定  員 10名程度
受 講 料 4,000円
会   場 山口大学吉田キャンパス 教育学部 実験実習棟
       (山口市吉田1677-1)

第1回 令和4年9月17日(土)8:30~13:00
安全等の諸注意・題材等の解説【木どり作業】

第2回 令和4年9月18日(日)8:30~13:00
切削工具の使い方と加工技法

第3回 令和4年9月19日(月)8:30~13:00
作品の仕上げについて【組み立て、塗装】

※制作題材は、ちょっとアンティークな「スパイスラック」を予定しています。
※ 各回の作業は、目安のため、進捗状況によって変わります。

まちの未来・イメージ工房 令和3年度第4回「共生の思想」令和4年1月22日(土)開催

まちの未来・イメージ工房 令和3年度第3回
講 師 前田哲男氏(山口県立大学名誉教授)
テーマ :共生の思想
日 時 令和4年1月22日(土)
会 場 小郡地域交流センター創作室
(住所:山口市小郡下郷609番地1)
参加料 無料
【お問合せ先】 イメージ工房学級委員 棟久
E-Mail iria@c-able.ne.jp

「子どもの権利条約の学び」児童・市民に広げましょう 第5回令和4年1月22日(土)13:00~15:00 山口ふるさと伝承総合センター

「子どもの権利条約の学び」児童・市民に広げましょう

日時:12月18日(土)午後1時~3時

会場:山口ふるさと伝承総合センター
対象:どなたでも参加できます
参加費:無料
定員:12名
見学可(5名迄)
参加希望の方は090-9464-7711(藤木)までお申し込みください。
先着順となります。
沢山のご参加をお待ちしています。
顧  問 中野 良寿(山口大学教育学部教授)
学級委員 藤木 律子(美術家)
定  員 10名程度
参加費  実 費
会  場 山口ふるさと伝承総合センター
山口市下竪小路12番地、TEL: 083-928-3333
第4回 令和3年12月18日(土) 13:00~15:00
第5回  令和4年 1月22日(土) 13:00~15:00
第6回 令和4年 2月19日(土) 13:00~15:00
第7回 令和4年 3月19日(土) 13:00~15:00
【問合せ先:藤木】083-921-0012 ririmodel1@hotmail.com
※申込者には、科目担当者より日程・場所等を毎回ご案内いたします。