Monthly Archives: 7月 2015

『オカルティズムと現代』H27年度第3回の報告と次回の開催日程平成27年8月2日(日)

『オカルティズムと現代』第3回の報告と次回の開催日程について
7月12日(日)14:00~16:15 YCAM2F多目的室にて第3回を開催。出席者8名。
2名の新規参会者を迎え活況を呈する。
・パーム油とココナツオイルの違いは何処にあるのか、など身近な発言から開始。
・井本邦昭氏の活動紹介から野口整体の現況へと話題が及ぶ。
(受ける側の能力不足等による相伝の難しさと我流に伴う崩れる方向への拡散)
 野口晴哉の愛弟子と五井昌久(白光真宏会)の関係について言及あり。
 また、甲野善紀氏の活動が今「天狗」として触れられる。
・Aさんから「動法」についての教示を受ける。(力の抜けた手刀・九字の切り方)
・その他の話題:
 「田布施」と「踊る神様」(北村サヨと天照皇大神宮教)
 「生長の家」(谷口雅春)
 「千島学説」(造血器官は小腸絨毛である、など)
以下、『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』からの抜粋(「準備」P.55~65):
・準備の段階では感情と思考とがまったく特別の仕方で育成される。この育成を通して、魂体と霊体とに高次の感覚機能や活動器官が与えられる。
・準備段階に必要なのは、人がまったく意識的にこの二つの生命の相に注意力を集中することなのである。
(植物の二つの相:生長と生成ー衰微と死滅 … 独自の感情形式を内的に体験する)
・大切なのは完全なる内的平静を保ちながら、感情と思考の両方に注意力を集中することである。
・事物が何を意味するかを思弁的な悟性の力で決定しようとしてはならない。事物そのものに語らせねばならない。
・高次の諸世界での位置確認:生長と死滅の間を縫って進む道
(感情や思考が現実的な事実なのだという意識を身につける)
・音の世界もまた行の対象になる(音による心情の行:無生物の音と生物の声)
・音を発する存在自体の中で営まれるものだけが魂を充たすまでに到らねばならない。
・全自然がその響きを通して人間に秘密(自然の意味深い言語)をささやく。
・特別の重要さをもつのは他の人間の語る言葉に耳を傾ける仕方である:傾聴
(自分自身の内なるものを完全に沈黙させる習慣をつける必要)
・特に細心の注意を払って観察せねばならないのは、意識の表面に現れて来ない、魂の奥底にひそむ感情の動きである。
・相手の言葉を聴く行為を通して相手の魂の中へ自己を移し入れる。
(相手の本質的部分と融合し同化する)
・自然音との行と結びつくときに生じる新しい聴覚(「内なる言葉」のための知覚能力)
・全ての神秘修行にとって、この(神秘学の教義)研究は必要条件に数えられる。
【文責:学級委員 岡田隆】
次回の開催予定日
第4回 8月2日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
 『整体入門』(ちくま文庫)『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』(ちくま学芸文庫)

Posted in オカルティズムと現代 -神秘学から見えてくる-

人物から見る中国現代史第5・6回講座の御案内 8月9・23日(日)

人物から見る中国現代史第5・6回講座の御案内 
8月9・23日(日)13:00~14:30
テーマ:講座の進展、受講者の希望により決定
会 場 大殿地域交流センター 第5回8月9日
会 場 大殿地域交流センター 第6回8月23日
参加料 500円

Posted in 人物から見る中国現代史

家族学ゼミ 平成27年度第4回ゼミの御案内 8月21日(金)予定

家族学ゼミ平成27年度第4回の開催日程予定
平成27年8月21日(金)14:00~16:00
会 場  朝田神社社務所 (山口市矢原下湯田) 予定
※予定(お問い合わせ下さい)
※託児あります。(要予約・無料)

Posted in 家族学ゼミ

まちづくりの森 平成27年度第1回 7月18日(土)

まちづくりの森 ~わくわくコラボプロジェクト実践研究会~
―平成27年度第1回の御案内―
皆様のご参加をお待ちしています。
7月18日(土) 13:30~15:00
第1回 オリエンテーション
「まちづくりの森」の趣旨説明と今後のすすめ方について説明
会 場 県民活動支援センター
     パルトピア山口(防長青年館)
    (住所:山口県山口市神田町1-80)
駐車場 有り
参加料 無料
【お問合せ先】 末永光正
TEL 090-3889-5607  E-Mail sue@c-able.ne.jp

Posted in まちづくりの森 ~わくわくコラボプロジェクト実践研究会~

まちの未来・イメージ工房 平成27年度第3回ゼミの御案内 8月9日(日)

やまぐち街なか大学 IDOM
まちの未来・イメージ工房
―平成27年度第3回ゼミの御案内―
次回のゼミ開催日程が決まりましたので、ご案内いたします。皆様のご参加をお待ちしています。
8月9日(日) 14:00~15:30
コーディネーター 前田哲男氏(山口県立大学教授)
テーマ :地域づくりのフレームワーク
会 場 小郡地域交流センター1階 実習室
    (住所:山口市小郡下郷609番地1)
駐車場 有り
参加料 無料
【お問合せ先】 イメージ工房学級委員 棟久
TEL 090-7130-6213  E-Mail iria@c-able.ne.jp

まちの未来・イメージ工房(第2回) 開催記録メモ
1 日時及び場所
平成27年7月12日(日)14:00~15:30 小郡地域交流センター・実習室
2 開催テーマ「地域活性化」から「地域づくり」へ
3 内 容
本日のゼミでは、第2章「地域づくりの歴史と実践」の前半部分について、前田先生から要約した資料等によりお話がありました。
筆者は「地域づくり」とそれに類似する「地域活性化」及び「地域再生」という3つの言葉について、地域振興関連図書のタイトル別出版軒数の分析を行っています。それによると80年代から今に至るまで「地域づくり」という言葉は使われてきていますが、86年から93年にかけて「地域活性化」が急増し、2000年代に入ると「地域づくり」とともに「地域再生」という言葉も急増します。
「地域活性化」が多用される1980年代後半から90年代前半は、バブル経済の時代であり、ウォーターフロント開発、リゾート開発、民間活力導入という当時を象徴する外来型経済開発が行われていました。
このようなリゾート開発を中心とする「地域活性化」の反省の中で論じられたのが「地域づくり」です。
「地域づくり」というものには、自らの意思で地域住民が立ち上がるという「内発性」、地域の特性を生かすという「総合性・多様性」、従来とは異なる新たな仕組みをつくり出す「革新性」という要素が含まれています。
また「地域再生」というものには、従来以上に困難な局面からより強力な地域づくりが求められるという現実が込められているのでしょう。
ゼミの中では、東京にある自宅マンションの建て替えに伴って現在山口市で仮住まいをされているKTRさんから「山口市の暮らし2年間の体験から」及び「10年後高齢者が安心して暮らせるまちは?」と題したレポートの発表がありました。
どちらも自身の実体験に基づいてしっかりとまとめられているものなので、ここにその一部を紹介します。
『昨年は「地方消滅」という言葉に大きな衝撃を受けた人が多いだろう。(-中略-) ところが地方は人口が減るので各種の施設にゆとりが生じているようだ。山口市では県立図書館や市立図書館でゆったりと本が読め、市の陶芸教室では土と焼成費用だけでいつでも利用できる。
また維新百年記念公園のジョギングコースやテニスコートは休日でも空いている。郊外に展開した住宅をもう一度中心市街地に再集約してコンパクトなまちづくりを進めれば、既成市街地に整備したこれらの都市施設を有効利用できるだろう。』
◎本日のゼミで学んだこと
都市の再開発ではなく、既存施設を生かした都市の手直し。

Posted in まちの未来・イメージ工房