Monthly Archives: 5月 2014

『オカルティズムと現代』H26年度第1回の報告と次回第2回の開催日程6月15日(日)

『オカルティズムと現代』第1回の報告と次回開催日程について

5月11日(日)14:00~16:30 YCAM2F
多目的室にて第1回を開催。
出席者4名(男3・女1)。
新年度継続決定の報告。
基礎テキスト『シュタイナーの死者の書』(ちくま学芸文庫)を概説。
二つの公開講義と非公開の六講を一年かけて読んでいく予定。
毎回1講義を課題に取り上げるがテキストにとどまらず自由発言を中心に進める。
初めてシュタイナーを読むという新規参会者から「オカルト」の意味について質問あり;
(回答)現今の「ホラー・オカルト」となると胡散臭くなるが隠された叡智」という本来の意味を強調したい。
空海や出口王仁三郎が日本の大オカルティスであるという観点を持てば理解しやすいかもしれない、など。
花粉症に用いられる人智学系医薬「ゲンチュード」について入手方法など質疑あり。
整体師(A氏)の多方面にわたるお話を受けて、シュタイナーによって野口整体をより深く理解できるという可能性を実感。逆もまた然りであるが、それは同時にヨーロッパと日本の心性(霊性)の相違・照応を自覚することにもなるだろう。
【文責:学級委員 岡田隆】
 
次回開催日程
第2回
 6月15日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
  テキスト『シュタイナーの死者の書』(ちくま学芸文庫)
  第一部「霊学の課題と目標」
Posted in オカルティズムと現代 -神秘学から見えてくる-

まちの未来・イメージ工房 平成26年度後期第1回ゼミの御案内 6月1日(日)

やまぐち街なか大学 IDOM
まちの未来・イメージ工房
―平成26年度前期第1回ゼミの御案内―
次回のゼミ開催日程が決まりましたので、ご案内いたします。皆様のご参加をお待ちしています。
6月1日(日) 14:00~15:30
コーディネーター 前田哲男氏(山口県立大学教授)
テーマ : 人間生活を問い直す
【参考】ゼミのテキストは、今回から神野直彦著『地域再生の経済学‐豊かさを問い直す』(中公新書)を使用します。
会 場 小郡地域交流センター1階 実習室
    (住所:山口市小郡下郷609番地1)
駐車場 有り
参加料 無料
【お問合せ先】 イメージ工房学級委員 棟久
TEL 090-7130-6213  E-Mail iria@c-able.ne.jp

やまぐち街なか大学 平成26年度(前期)
まちの未来・イメージ工房(第1回) 開催記録メモ

1 日時及び場所
平成26年6月1日(日) 14:00~15:30  小郡地域交流センター・実習室
2 開催テーマ  人間生活を問い直す
3 内 容
平成26年度のゼミがスタートしました。今期のゼミでは、神野直彦著『地域再生の経済学-豊かさを問い直す』をテキストとして、山口の未来を考えていきます。本書では、地域再生に成功したヨーロッパの事例を紹介しながら、日本型の生活重視スタイルを財政・政策面からどのように構築するかを提案されています。本日は、序章部分の「人間生活を問い直す」について、前田先生から要約した資料等によりお話がありました。

本書は「地域社会は激しく動揺している。その最大の原因は工業の衰退にあるといってよい。」という書き出しから始まります。これは先進国に広く見受けられる共通の現象ですが、地域社会をいかに再生させるかというシナリオは一様でなく、大きく二つに分岐しています。一つは市場主義にもとづく日本を含むアングル・アメリカン型のシナリオ。もう一つは市場主義にもとづかないヨーロッパ型のシナリオです。
市場主義に基づく都市再生とは、「民活」などで経済成長の維持を目指す都市再生です。この場合グローバリゼーションが進展すればするほど、人々はアイデンティティを求めて、地域社会への帰属意識を強めていきます。一方、ヨーロッパにおける地域社会の再生では「サステイナブル・シティ(持続可能な都市)」を合言葉に進められてます。つまり工業の衰退によって荒廃した都市を、人間の生活の「場」としての持続可能性を目指す都市にしようとする動きです。反市場主義の地域再生とは、市民の共同の経済である財政(税)による地域再生であることを意味し、大地の上に人間の生活を築く戦略だということができます。

ゼミの中では、山口の都市再生を試みる場合「市場主義」と「反市場主義」のどちらでいくのが良いか議論になりました。資本主義社会の国に属する以上、市場主義的な考え方が不可欠になりますが、必要以上に相手を叩きのめすまで競争を続けることには賛成できません。百獣の王ライオンが必要以上に狩りをしないように、また、郷土の偉人である大村益次郎が戦で敵を壊滅させることよりも、土地の制圧を優先して考えて敵の退路を予め準備していたように、目的意識を明確に持つことが重要なようです。全ての市民が豊かさとは何かを見付けることのできる良い眼鏡を持っていると良いのですが…

◎本日のゼミで学んだこと
奪い合えば足らぬ。分け合えば余る。

 

 

Posted in まちの未来・イメージ工房