『オカルティズムと現代』H26年度第12回の報告と次回の開催日程平成27年5月17日(日)

『オカルティズムと現代』第12回の報告と新年度の開催日程について

4月19日(日)14:00~16:00 YCAM2F
多目的室にて第12回を開催。出席者5名。
新年度(27年度)の「事業計画書」を配布及び朗読。
新たなキャッチコピー:精神科学は野口整体とどのように照応するか?」
基礎テキスト(2冊)の回覧:『整体入門』(ちくま文庫)『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』(ちくま学芸文庫)テキストを2冊選んだ根拠についての説明:(シュタイナーと野口晴哉に共通した生命の観方・捉え方を前提として)開設当初から常時参会されている整体師Aさんの実践的体験を研究会でも活かせないか?
『整体入門』は野口整体のエッセンスでもあり、これまで継続してきたシュタイナー神秘学(精神科学)との照応を探るべく同じく実践的な主著を並べた。
講座の進め方:範囲を決めて読解してゆくようなテキストではない。
よって、各自が読みまた実践する中で自ずから生じるであろう問題や課題を俎上に上げて、できるだけ自由に話し合うという方向を提案(全員が了解)。
以下、自由発言の項目のみ一部記載;
・或るピアニストについての話から演奏家になることの困難と障害
・1960年代~70年代の福岡の音楽シーン
 → 芸術と狂気(現在も活躍中のミュージシャンを例に)
・技を伝えることの困難 ⇔ 資質と感応 etc.
【文責:学級委員 岡田隆】
 
新年度の開催予定日
第1回 5月17日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
 テキスト(2冊)の概要説明:
 『整体入門』(ちくま文庫)
 『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』(ちくま学芸文庫)
第2回 6月14日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
自由発言と討議
This entry was posted in オカルティズムと現代 -神秘学から見えてくる-. Bookmark the permalink.

Comments are closed.