『オカルティズムと現代』H26年度第4回の報告と次回第5回の開催日程9月28日(日)

『オカルティズムと現代』第4回の報告と以降の開催日程について

8月24日(日)14:00~16:30 YCAM2F
多目的室にて第4回を開催。
出席者7名(男3・女4)。
 現代日本の「食」に関わり、その現状と危機感について自由発言;
 代替え甘味料ほか多くの食品添加物による食生活への脅威と対抗手段、長寿社会に巣食う医療機構とそこから逃れることのできない構造的な状況etc.参会者各自が自分のこととして抱えている日々の暮らしの問題であり、日常的な事例に裏打ちされた苦言や警鐘が途切れることなく出てくる。
 行き着くところ、現下の経済原理の支配下にある食と人間の袋小路であり、怪しいモノを食わない、あるいは自給自足以外に道はないというところに逢着するが、それらを知識として知っていることと実行することとの落差にも無自覚ではいられない。
 生き残る(長生きする)こととエゴイズムとの相関を抜きにできない議論でもあるが、これは見識・意見の続出に押されて言及できなかった私見である。
話題となった事項:「環」・ケッシュ財団・ベリー西村・『魂の法則』・内村聡など。
 その他、眼と視力に関わり、整体師A氏から「気針」という整体技法を教示される。
また、「森のがっこう」と八坂圭さんの「にじみ絵」ワークショップの紹介もあり。
【文責:学級委員 岡田隆】
以降の開催日程
第5回 9月28日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
  テキスト『シュタイナーの死者の書』(ちくま学芸文庫)
  第一部(二つの公開講演)全体
第6回 10月12日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
  テキスト『シュタイナーの死者の書』(ちくま学芸文庫)
  第二部 第一講
This entry was posted in オカルティズムと現代 -神秘学から見えてくる-. Bookmark the permalink.

Comments are closed.