『オカルティズムと現代』第10回の報告と次回第11回(後期5回)の開催日程3月16日(日)

『オカルティズムと現代』第10回の報告と次回以降の開催日程について

2月16日(日)14:00~16:00 YCAM2F
多目的室にて第10回を開催。
出席者3名(男2・女1)。(欠席連絡1名)
前回紹介できなかった『シュタイナー医学原論』(平凡社)を持参。
『アントロポゾフィー医学の本質』(水声社)を読まれた整体師Aさんから、
かなり深い問題提起を受けての自由討議。
例えば、仮に「どうして私はここにいるのか?」と問いかけたとして、
その(言語以前の)言語化できない「人間の本質」に関わる体験について、
シュタイナーの著作からどれだけ、あるいはどのようにしたら、
当該の体験内容を読み取ることができるか?
(宇宙創世から輪廻転生までを含めて)現在の人間の本質と、
個人的体験が重なるところにシュタイナーを読むことの不可避を実感。
【文責:学級委員 岡田隆】
 
次回第11回
 3月16日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
  自由討議~テキスト『オカルト生理学』第8講(最終講)
最終回(第12回)
 4月20日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
  自由討議~テキスト『オカルト生理学』全体
  次年度のテキスト選定
This entry was posted in オカルティズムと現代 -神秘学から見えてくる-. Bookmark the permalink.

Comments are closed.