『オカルティズムと現代』第7回の報告と次回第8回(後期2回)の開催日程12月22日(日)

『オカルティズムと現代』第7回の報告と次回開催日程について
11月10日(日)14:00~16:30 YCAM2F多目的室にて第7回を開催。
出席者4名(男2・女2)。
内臓と惑星との相関について内観された整体師Aさんのお話。
テキスト第4講に語られているマクロコスモスとミクロコスモスの照応、
即ち、心臓(太陽)肺(水星)腎臓(金星)脾臓(土星)肝臓(木星)胆汁(火星)。
シュタイナーの「内界への沈潜」による宇宙体験と野口整体との照応。
以下、自由発言の中で言及された事項;
武器輸出三原則ほか軍事関連法規等の改正から見えてくる危うい情勢、
自衛隊を米国軍の一師団と化す集団的自衛権の行き着く先、
などなど、どこから見ても現代日本の遣り切れなさに逢着。
オリンピックまでは持つとして、その後に待ち構えている暗転。
公然たるフリーメーソンの企みと変遷・保江邦夫さんについて、ほか。
【文責:学級委員 岡田隆】
次回の開催日程
第8回
 12月22日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
  自由討議~テキスト『オカルト生理学』第5講
This entry was posted in オカルティズムと現代 -神秘学から見えてくる-. Bookmark the permalink.

Comments are closed.