『オカルティズムと現代』第1回の報告と次回開催日程について

『オカルティズムと現代』第1回の報告と次回開催日程について
 5月18日(土)14:00~16:00 YCAM2F創作・学習室にて第1回を開催。
出席者3名(男2・女1)。
実行委員会(5/7)で科目名変更承認(開設当初の科目名:「シュタイナーを読む」)。
(毎年のことであるが)第1回に先立っての事前PRがなされない現況もあってか、
 これまでの継続参会者のみで開催(欠席連絡1件)。
 テキスト『オカルト生理学』が版元品切れにより入手困難であることが判明。
 よって、テキストはさて置き「現代」の暗部について自由討論。
見えざる金融資本による世界支配と衆愚日本の暗い未来についてなど(詳細掲載不可能)。
 また、野口晴哉と山口との縁から、今に伝えられる野口整体の正統についてなど聴取。
 後日、古書注文によって(旧版を含めた)テキストを複数購入。
 これまでテキストは各自購入原則であったが、品切れという事情に鑑み(高価な古書購入費に)年間運営費を充てることとする。
 近く事務局による「シラバス」配布やPRによって、新規参会者が期待できるかどうか?

第2回を下記のとおり予定。
 6月16日(日)14:00~16:00 YCAM2F創作・学習室
 テキスト『オカルト生理学』第一講。
This entry was posted in オカルティズムと現代 -神秘学から見えてくる-. Bookmark the permalink.

Comments are closed.