山口盆地考 2018 第9回 平成30年12月13日(木)19時~20時半

山口盆地考2018(第9回)
平成30年12月13日(金) 19:00~20:30
講師 中野良寿(アーティスト、山口大学教授)
テーマ :「かがわ山なみ芸術祭」
会 場 山口情報芸術センター・多目的室
参加人数 22名

講座内容
地域の名前を冠したアートプロジェクトが新潟の越後妻有大地の芸術祭、瀬戸内芸術祭など代表的な芸術祭をあげるにとどまらず、日本の中で急速に広がりつつあります。地域アート(Community-Engaged Art)という言い方もされる昨今、本講師がエリアキュレーター兼、アーティストとして参加した「かがわ・山なみ芸術祭2016」の報告会を行いたいと思います。地域コミュニティーと連携しつつ芸術の純粋性を維持して様々な表現を探求するにはどのような方策があるのか、、、。興味がある方、とりあえずのぞいてみようという方、歓迎いたします!

参加者からの感想や、科目実施を通して学んだこと
90年代までの現代美術の発表の場が大都市を中心としていたのに対し、近年の現代美術の発表の場が地方都市や山間部などへ移行している現状や背景の紹介により、地域の課題や地域性を生かしたプログラムが日本全国で活発に開催されていることが分かりました。また、全国の芸術祭の一覧によって、その概要が理解できました。
開催テーマとなっている「かがわ・山なみ芸術祭」に関する設立背景として、瀬戸内国際芸術祭やその仕掛人でもある北川フラム氏の存在や文脈の紹介により、それらの運営方法や位置付けの比較考察の中でトップダウン型とボトムアップ型という表現で考察があり、大変わかりやすかったです。
「かがわ・山なみ芸術祭」はボトムアップ型と呼ばれる手法で、地域住民や地元アーティストが中心となり運営母体を組成し、エリア・キュレーターを任命し、会期中にそれぞれのエリアごとに展開していくというものでした。参加した各アーティストの紹介もあり、地域性や地理的特徴を生かした様々な表現手法が行われ、多くの来場者に恵まれたことや今後の課題も紹介されました。
また、お祭りという地元住民に根ざした求心性の高いものや何らかの聖なるものに魅了される感受性や人間性に響くものが人々を結びつけたり、感動させたりするのではとの考察も大変、印象的でした。
また、学生さんの参加が多く、全体的に若く賑やかな印象の講座となりました。

This entry was posted in 山口盆地考. Bookmark the permalink.

Comments are closed.