まちの未来・イメージ工房 平成30年度第5回平成30年11月17日(土)開催

まちの未来・イメージ工房
―平成30年度第5回ゼミの御案内―
平成30年11月17日(土) 14:00~15:30
コーディネーター 前田哲男氏(山口県立大学教授)
テーマ :「処方箋:豊かさを維持する」

会 場 小郡地域交流センター実習室
    (住所:山口市小郡下郷609番地1)
駐車場 有り
参加料 無料
【お問合せ先】 イメージ工房学級委員 棟久
TEL 090-7130-6213  E-Mail iria@c-able.ne.jp

講座内容
 今期は河合雅司著『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(講談社現代新書)をテキストとして、山口の未来を考えています。
 本日のテーマは「豊かさを維持する」でした。今回のゼミでは、前回やり残した「④都道府県を飛び地合併、⑤国際分業の徹底」の部分に加え、下記の2つの処方箋の中身について前田先生から紹介があり、これをもとに参加者相互で様々な意見交換を行いました。
 ⑥「匠の技」を活用
 ⑦ 国費学生制度で人材育成

参加者からの感想や、科目実施を通して学んだこと
 今私たちは人口減少社会のひずみの中に生きています。これまでのような大量生産・大量消費というビジネスモデルは少子化では続けることができません。ですので人口減少社会に見合った産業構造に転換する必要があります。しかし、それがどのようなものなのか将来を見通すことはなかなかできそうにありません。いつか革新的技術をもたらす救世主の登場によって未来が開かれるかもしれませんが、今の私たちには少なくとも今あるモノの見方を変えていく土壌を作っていくことが求められるように思います。
 参加者からは、この国の社会は自分たちの育った時代とは様々な面で大きく変わってきたという意見や感想がありました。また、今日のようなテーマで話すことは日常生活の中では無いので、刺激的なゼミだったという感想もありました。

参加人数 6名


This entry was posted in まちの未来・イメージ工房. Bookmark the permalink.

Comments are closed.