『オカルティズムと現代』H27年度第9回の報告と次回の開催日程平成28年2月21日(日)

『オカルティズムと現代』第9回の報告と次回(最終回)の開催日程について
1月31日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室にて第9回を開催。出席者4名。
自由発言で話題となった事項;
・スピリチュアル系と陰謀論の両分野に関わる事項多数(レプティリアンetc.)
・人体売買の国際市場の現状
・野口晴哉の全生:今この時を全力もって生きるということ(命がけ)
 見えている明日のその人(家族の行く末)ではなく、今この時に全力を尽くすということ
※次回を今年度の最終回とし、科目運営も今年度で終了する旨を報告。
以下は『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』からの抜粋(P.189~225);
【神秘修行者の夢に現れる変化】
・混乱した恣意的な夢が規則的な在り方をし始める(夢の法則.夢の原因結果の認識)
→ 経験したことのない世界の心象風景(夢の象徴的表現をとって現れる):霊的進歩の単なる最初の兆し
・夢見る修行者は夢を見ている間も文字通り目覚めている(悟性の制御を受け秩序を与えられる)
・チャクラが開花したとき初めて物質界に属さぬ情報が夢の中に記されるようになる
→ 二重の事柄の達成:夢の中での集中した観察・その観察を覚醒時にも行う
→ 霊界の存在を物質的事象の原因として知覚する(高次の自我の認識)→高次の自我への没頭(以前の「私」は高次の自我の道具にすぎなくなる)
・心臓部に生み出された器官の中で霊的知覚能力を開発し、生命の流れの中でそれを働かせる(霊的知覚能力は霊的素材の一要素なのである)霊的知覚器官の流れ→自分のエーテル体→外なる霊界(霊的対象に光を当てる/自らの霊光を外に向けて照射する)
・霊的知覚器官を生み出す「私」は人体の外に存在している(心臓の器官は高い感覚的な自己を自分の道具に用立てるための手段である)
・霊的に進化した人間は、知覚する霊的対象と一体化されているように、霊的対象の「中に」いるように感じる:「さすらい人」Wanderer(憩うべき場所を持たない)→ 霊界での故郷を作らねばならない:「小屋を建てる」
・この段階での霊視は物質界の霊的対応像に向けられる(アストラル界に存在している)→ 衝動そのものを直接対象として知覚する(オーラ)
・この段階での見霊能力の最高の在り方:アストラル的な反応の知覚(人や動物の衝動や情熱)アストラル的随伴現象としての対応像
・死後の魂が低い欲望の対応像から受ける経験:「魂界の、特に欲望の場所での体験」
【意識の持続性の獲得】
・人間の一生は三つの状態の繰り返しの中で進行する(覚醒ー夢ー睡眠)
・夢の営みの中に現れた状態を覚醒時の意識の中にまで持ち込む(一層高次な認識状態への移行段階)→ 夢のない深い眠りの状態にまでこの変化が及んでくる(象徴的表現):聴覚体験と比較できる(夢の諸体験:一種の視覚体験)
・次なる課題は、それを可能な限り明確なものにすることである(平静な態度/不安や焦燥にかられたりしない)静かに、与えられたもの、贈られたものを受けとるしかない
・睡眠体験が完全に明瞭に意識されるようになる → 体験の二つの種類を正確に区別する(高次の霊界の最初の先触れ/日常世界との深い関連を示す体験)睡眠体験による解明
・感覚界の事物は、或る霊界の表現であり、流出である
・魂の感覚が秩序づけられていなければならない:行法「集中」「瞑想」による霊的知覚器官の育成(高次の人間の成長と成熟のための法則)
・高次の魂のこの誕生は、はじめ深い眠りの中で達成される
・眠りにおける無意識状態を完全に意識的な状態に変化させることのできる段階(高次の睡眠状態を感覚世界と結びつける)
・神秘学は睡眠生活の意識化をもたらすこの重要な段階を意識の連続性と呼ぶ
【神秘修行における人格の分裂】
・睡眠中、魂は肉体の外にある〈エーテル体アストラル体だけと結びついている)
・神秘修業とはこのような霊的感覚器官を形成しようとする努力に他ならない
・夢と睡眠の営みの中に典型的に見出される事柄は覚醒時にも存続している(神秘修行者は魂の営みを意識化する)→ 自分の生き方に自分で責任を負わねばならなくなる → 危険と誤謬・誘惑は非常に大きい(謙遜な態度)
(魂は霊的意味で見えるようにならぬ限り上級の霊的存在たちによって導かれている)
・どんな場合にも人間の使命はこの地上に求められねばならない(霊界に関与し、その啓示を感覚界の中に持ち込む)
・人間の使命:人間が地上を変革しうるのは、霊界から探知し得た事柄を地上に移し入れることによってである
・修行によるエーテル体アストラル体の変化:意志・感情・思考の進化過程と関連(魂の三つの基本的な力)
(修行以前には高次の宇宙法則に従って相互に特別な結びつきを保っていた:人間性に基礎を有する)
・人間の霊的進化に際して、三つの基本的な魂の力を結び付ていた糸が断ち切られる(分裂は肉体にも現われる)→ 人間自身の中に目覚めた高い意識によって新たに作り出されねばならない
・修行者に与えられる偉大な成果は、この三つの魂の力の協働作用を完全に自由に行い得ることである
・この本質的な変化によってはじめて超感覚的な存在の力と意識的な結びつきが持てるようになる
・三つの誤謬(邪道):暴力的人間・感情的耽溺・愛情に欠けた冷たい認識衝動 → 高次の魂の流産
(自分の全存在に対する支配力を常に自ら確保していなければならない:透徹した意識)
【文責:学級委員 岡田隆】
次回(最終回)の開催予定日
第10回 2月21日(日)14:00~16:00 YCAM2F多目的室
 『整体入門』(ちくま文庫)『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』(ちくま学芸文庫)

This entry was posted in オカルティズムと現代 -神秘学から見えてくる-. Bookmark the permalink.

Comments are closed.